アントン・モルナー

アントン・モルナー「ジョニー・ウォーカーへのトリビュート」

ジョニー・ウォーカーの依頼によるブルーラベルのプロジェクトは、製作に7ヶ月を費やした4m x 2m の大作。
上のムービーで製作風景を見ることが出来ます。

Hotel de Crillon やモーリシャスの超高級ホテル、ロイヤル・パームホテルにもアントン・モルナーの大きな作品が飾られています。

共産党の言いなりの絵を描くのに嫌気がさした彼が幼い娘と妻を連れてハンガリーを逃げ出し、食うや食わずの生活の中、ピエール・カルダンに見出され、フランス上流階級に紹介されたというエピソードは有名です。
実際カルダン氏は、シャンゼリゼ通りにあるグランパレでのアントンの個展をサポートした後、親しい友人たちの前で、「自分は若き頃のダリを知っているが、アントンの才能は彼に勝るとも劣らないものと思う。21世紀は彼の時代になると思う。」と言いました。

LVMH(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)グループのトップから直接の依頼で特別な作品を仕上げました。そのあまりにもすばらしい仕上りに、ヘネシーの社長はヴェルサイユ宮殿を舞台に、たった一つの作品を紹介するためのパーティーを開いたのです。
各国大使、フェラーリの社長といったVIPを招待、宮殿始まって以来はじめてのコンテンポラリー・アーティストのために会場を提供、オペラ座からのミュージシャンが室内楽を演奏、最高の食事と、当然垂涎ものの最高級のシャンパンとワインにさすがのモルナー夫妻も初めての経験だったとのことでした。その作品はLVMHの新しい本社ビルのエントランスに掛けられています。

シェフ坂井宏行氏のフレンチレストラン「ラ・ロシェル」の20周年記念作品である『ラ・ロシェルに捧ぐ』は、今でも青山の「ラ・ロシェル」で原画を見ることができます。



アントン・モルナーの詳しいプロフィールはこちら

アントン・モルナーの描くオリジナル肖像画


アントン・モルナーについてのお問合せ

アントン・モルナーの企業コラボレーションや肖像画・作品集に興味を持たれた方はこちらから。
また、お急ぎの場合や直接電話でのお問合せをご希望の方は、こちらの番号までお願いいたしします。
携帯 080-4322-2681(担当:鈴木)

*は必須項目です。必ずご記入下さい。

貴社名

お名前*

メールアドレス*

メールアドレス(確認用)*

電話番号
- -

ご希望の連絡方法

電話連絡の場合、ご都合の良い時間帯

ご住所
-

お問合せの内容*
アントン・モルナー